東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)豊島区西ステーション

豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日【電話番号】0800-600-8600

豊島区西ステーション

認知症カフェに行ってきましたー②ー KEiROW豊島区西ステーション
2019年08月21日

KEiROW豊島区西ステーション 馬込です。

先月、千川の杜で行われた認知症カフェ(杜のカフェ)に松下先生と行ってきました。
場所は、事業所から3分もかからない、すぐ近くにあります。
千川の杜には、特別養護老人ホームとケアハウスがあり、隣には保育園、付近には、豊島区立豊島体育館や、東京都立板橋高等学校があります。
たくさんの人の声が聞こえてきて活気がある一方で、思ったより閑静な住宅地という一面もあり、とても良い立地にあると感じました。

今回は、「とことこカフェ」に続いて、認知症カフェ参加は2回目です。内容は、テーマに沿ったお話しを聞いて、そのことについて談話をするような形です。
テーマは、「いろいろな入居施設・施設の役割」で、たくさん学べそうだったので、一か月位前に予約をし、ずっと楽しみにしていました。

学んだことで、感じたことを紹介します。

入居施設、通常、老人ホームと言っていますが、種類は多く、役割もそれぞれ違います。

以下のような、老人ホームがあります。
  ①有料老人ホーム
  ②サービス付き高齢者向け住宅
  ③グループホーム
  ④介護老人保健施設(老健)
  ⑤介護医療院
  ⑥ケアハウス
  ⑦養護老人ホーム
  ⑧特別養護老人ホーム(特養)
この8種類の中でも、さらに様々なタイプに分けられるとのことです。
例えば、①の有料老人ホームをとっても、「介護付き」、「住宅型」、「健康型」等があり、
とても詳細に設定されていて、びっくりしました。
それぞれの施設についての知識がなければ、いざ入居を考えようとしても、本当にどこにすれば良いのか悩みますね。ケースによって、要介護認定等で、利用できる施設とできない施設があるので、利用しようと思っている家族の方は、専門家であるケアマネージャーと相談しながら決めるのが、一番良いと思いました。

「杜のカフェ」の参加者は、私達含めて10名弱でした。施設長に聞いてみると、以前はもっと多かったのですが、参加人数が増えると個別の対応が難しく、現在のように、参加人数を絞っているとのことでした。
テーマによって、参加者の顔ぶれも変わるそうで、この話を聞いて、一人ひとりを大切にする施設長だと感じました。
初参加でしたが、施設長の模範を見て、何かお手伝いしたいという気持ちが強くなりました。

事業所の近くですので、これからも宜しくお願い致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。  

医療保険適用 訪問医療マッサージ KEiROW 豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日 【電話番号】0800-600-8600

【対応エリア】東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区

Copyright KEiROW 豊島区西ステーション. All rights reserved.