東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)豊島区西ステーション

豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日【電話番号】0800-600-8600

豊島区西ステーション

目の疲れ(高木)
2020年07月18日

こんにちは。KEiROW豊島区西ステーションの高木です。

梅雨空が続く中、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスが猛威を振るいだしてから働き方に変化が出てきた方もおられることと思います。特にテレワークを推進する企業が多くなってきた印象があります。
テレワークや外出自粛傾向によって、パソコン・スマホと向き合う時間の増加による「疲れ目」に悩む人が増えているといいます。

私は元々ドライアイなこともあって毎日目のケアを行っているので、今回は参考までにご紹介させていただこうと思います。

私がおすすめしたいのは「ホットアイマスク」です。目を気持ちよくじんわりと温めてくれて、目の周りの筋肉が緩んで疲れを取り、リラックス効果も期待できます。
ドラッグストアなどでどこでも手に入る使い切りのものから、最近は充電式の電化製品も売られています。ちなみに私が使っているのはアイマスクの中にあずきが入っていて、電子レンジで温めて繰り返し使えるというものです。あずきのコロコロとした感触が心地よいのでおすすめです。

さらにドライアイでお悩みの方には、ホットアイマスクで目の周りを温めた後にマッサージを行うと効果的です。
上まぶたを上から下に、下まぶたを下から上に指で優しくマッサージすることで、まぶたの中にあるマイボーム腺を刺激して油分を目に分泌するのを促します。マイボーム腺は眼球に油分を分泌する働きがあるのですが、細くて詰まりやすいため、この詰まった油をホットアイマスクで温めて溶かし、マッサージによって流れを良くすることでドライアイの改善につながります。最近ではドライアイ症状を訴える患者の80%以上は油分が足りないことが原因であることがわかっています。目が乾きやすいという方はぜひ試してみてください。

疲れ目を放っておくと頭痛や肩こり、めまいが起きてきてしまいます。これを眼精疲労といいます。
ここからはご自身で指圧して眼精疲労を緩和する部位をご紹介します。

①盆の窪から耳にかけて
 うなじから耳まで5点ほど親指で押します。圧の方向は眉間を意識すると良いでしょう。

②こめかみ
 目じりから耳まで5点、人差し指から小指の4本の指で優しく指圧します。

③顔
 顔にはツボが多数存在してます、指で顔を優しく触り、窪んでいるところや気持ちのいい所を押していくと目も気持ちもすっきりとしてきますよ。

その他、仕事で忙しい時でも30分置きに遠くを見たり、意識的に瞬きをして涙を分泌させることも大切です。

私事ですが最近コンタクトレンズを使うようになりました。ぼやけていた視界がはっきりと見えるようになると、今までどれだけ多くのものを見落としていたのだろうかと思い少し後悔しました。
目は大切です。皆様もご自分の目をいたわってくださいね。

それではまたお会いしましょう。

医療保険適用 訪問医療マッサージ KEiROW 豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日 【電話番号】0800-600-8600

【対応エリア】東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区

Copyright KEiROW 豊島区西ステーション. All rights reserved.