東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)豊島区西ステーション

豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日【電話番号】0800-600-8600

豊島区西ステーション

五月病(高木)
2021年05月15日

こんにちは。KEiROW豊島区西ステーションの高木です。
5月も半ばに差し掛かりましたね。皆さん、ゴールデンウィークも終わり普段の生活に慣れてきた頃でしょうか。そして今週は緊急事態宣言も延長されました。不要不急の外出自粛など引き続き新型コロナウイルスへの感染対策を十分に取っていかないといけませんね。

さて、5月というと「五月病」という言葉があるように、心身の不調が起きることも懸念される時期でもあります。特に4月から学校や職場などが変わり新生活を迎えた方には、環境の変化についていけずに悩んでおられる方も多いかと思われます。
そこで今回は「五月病」についてご紹介していこうと思います。


五月病の原因とは。

この季節特有の気温高低差に伴う体温調節、新しい環境での心労やストレスによる自律神経の乱れなどから起きると考えられます。ゴールデンウィーク明け頃に起こることも多く、一般的に五月病と呼ばれています。


五月病の症状とはどんなものでしょうか。

●体の症状
・疲れやすい ・朝起きられない ・食欲が出ない ・めまい 
・頭痛 ・便秘 ・腹痛 ・不眠 ・動悸 ・疲労感

●心の症状
・焦燥感 ・イライラ ・無気力 ・不安 ・思考や判断力の低下 
・興味、関心が湧かない


では五月病への対策はどのようなものがあるでしょうか。

・スポーツ、音楽、習い事などの趣味を楽しんで息抜きをする
・親しい人に愚痴を聞いてもらい、辛い気持ちを吐き出す
・睡眠時間をしっかり取り、朝日を浴びるなど、生活のリズムを整える
・休日にはのんびりするなど、プライベートも忙しくしすぎないようにして休養をとる


最後に私のおすすめのストレス解消法を二つ紹介したいと思います。

1.深くため息をつく
まず目を閉じて視界から光を閉ざします。ゆっくりと深呼吸を繰り返して、副交感神経が優位になるのを待ちます。落ち着いてきたら大きく息を吐きましょう。息を吐くことに集中すると身体の緊張もほぐれていきますよ。

2.ストレスに効くツボ「神門」
手のひら側の小指から下がって手首のしわと交わるところにある窪みが「神門」というツボです。神門を押すことで頭に昇った気を外に逃がすことが出来ます。神門に反対の手の親指を押し当てながら、手首を内回し・外回しと回すといいでしょう。
また神門は便秘や不眠にも効果が期待できますよ。


ここまで五月病についてご紹介してきましたが、五月病をそのまま放っておくと、うつ病などに繋がってしまうこともありますので、辛い場合は早めに心療内科、精神科などを受診するようにしましょう。

それでは今回はここまでです。お読みいただきありがとうございました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
訪問医療マッサージKEiROW豊島区西ステーション

歩くのが不自由、寝たきりなどご自分での受診が難しい方もご相談下さい。
対象:豊島区、豊島区周辺。豊島区周辺以外にお住いの方もご相談下さい。
内容:医療マッサージ、リハビリマッサージ
保険:健康保険適用範囲内です。出来ない場合は自由診療となります。

訪問医療マッサージKEiROW豊島区西ステーション
住所:東京都豊島区要町3-58-12 1F-1
電話:0800-600-8600 FAX: 03-4296-8527
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

医療保険適用 訪問医療マッサージ KEiROW 豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日 【電話番号】0800-600-8600

【対応エリア】東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区

Copyright KEiROW 豊島区西ステーション. All rights reserved.