東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)豊島区西ステーション

豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日【電話番号】0800-600-8600

豊島区西ステーション

リンパ浮腫とリンパマッサージ ーその1ー
2021年12月25日

新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方々に、謹んで
お悔やみを申し上げますとともに、罹患された皆様、
不安で辛い日々を過ごされているすべての皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

KEiROW豊島区西ステーションの馬込です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年も年末を迎えようとしています。
このブログを上げる頃は、クリスマスです。
皆様、どのような2021年でしたか。
月日が経つのは早いですが、色々なことがあった年だったと思っています。

私としては、1年間withコロナで過ごし、これからもずっとこの生活が続くのかなと感じました。
大きな出来事は、母の他界でした。母は体調が悪いながらも元気な様子を見せていて、いつかは介護しなければとずっと思っていたのですが、あっという間にいってしまいました。実家が遠い為、コロナ禍で電話で様子を確認していたのですが、突然の訃報でした。死因は年配の女性に多い大腸癌でした。きっと、身体の痛みを我慢していたのではと推測しています。マッサージをしてあげられなかったのが心残りです。

最近の出来事としては、去年も参加した関トレの体験講習会に参加しました。また、学校の行事で、解剖実習にも参加しました。解剖実習では、新しい発見がありました。献体者へ敬意を表します。また、いつか経験したいと思いました。

さて、今回のテーマは、リンパ浮腫とリンパマッサージです。
前回、浮腫について書きましたが、リンパ浮腫について別途記載予定でしたので取り上げます。

リンパについて少し説明します。
リンパ管
静脈で回収できなかったタンパク質などの老廃物を運ぶ管で、血管(動脈、静脈)と同様、ほぼ全身にくまなく分布しています。
血管と同じように全身にくまなく分布していて似ていますが、大きな違いがあります。
それは、リンパ管は循環していないということです。
血管は、心臓から体の末端の方向に向かって動脈という管に血液が流れており、酸素や栄養素を運び、毛細血管、間質を通して、末端の細胞に栄養を提供します。末端の細胞からは、間質、毛細血管、静脈という管を通して、二酸化炭素や老廃物などを心臓に運びます。その後、肺循環を経て、再び心臓から体の末端の方向へと循環します。
リンパ管は、静脈で回収できなかった物質を回収し、リンパ管の中で処理し、最後には、静脈へ合流します。静脈からリンパ管へとは流れない為一方通行といえます。
合流している静脈は、静脈角と言って、内頸静脈と鎖骨下静脈の合流地点になります。
血管には血液を流すポンプの役割が心臓にありますが、リンパ管にはポンプの役割を果たすものがありません。そのため、人の動きとともに起こる筋肉の収縮、弛緩によって生じる圧力、呼吸によって生じる胸の中の圧力の変化、体の外からのマッサージ刺激などがリンパ液を流す助けとなります。その圧力は弱く、血液と比べるとリンパ液の流れるスピードはゆっくりです。流れる速さも一定ではありません。
血液が体内を一周する時間は、個人差はありますが約30秒~1分程度と言われています。
リンパ液が全身を流れる時間は、12時間以上とも言われています。

リンパ液
リンパ液は、リンパ球などの重要な細胞を運搬する役目を持っています。
間質にある液体を間質液と言いますが、リンパ管に回収された時点で、名前が間質液からリンパ液と変わります。
最終的には、リンパ液も静脈に合流しますので、静脈血に変わります。
リンパ液は色が血液の赤色と違って、淡い黄色の透明な液体です。
血液中の赤血球は酸素を全身に運ぶ時にヘモグロビンという物質と結合して赤色になります。
赤血球は大きすぎて、血管の壁を通り抜けられないため、外(間質)に出た水分は赤色ではなく、薄い黄色をしています。
小腸周辺のリンパ液は、食事由来の脂肪分を多く含む為、白濁しており、特に乳びと呼びます。
胸腔に存在するリンパ管(胸管)から乳びが漏れ、胸腔内に溜まった状態のことを乳び胸と言います。
乳びがリンパ管から漏れて、横隔膜より下部の腹壁で囲まれた体内空間である腹腔に溜まれば、乳び腹水となります。

リンパ球
白血球細胞の一部で、リンパ液の中で免疫の機能を担当する細胞の総称です。
さらにT細胞(Tリンパ球)、B細胞(Bリンパ球)、NK(ナチュラルキラー)細胞などに分類することができます。
T細胞は自らが働き、体を防御するとともに、一度侵入してきた病原体を記憶し、それに基づいてすばやく対応し、排除する働きをもっています。
B細胞は細菌やウィルスなどの病原体が侵入してくると抗体を作り、体内に侵入した病原体の情報を記憶し、2回目以降の攻撃の時に敏速に対応できるようにします。
NK細胞は生まれつき備わっている免疫細胞で、常に体内を巡回し、細菌やウイルスなどの病原体に感染した細胞を攻撃します。

リンパ節
リンパ管の所々にあり、内部がリンパ液とリンパ球で満たされた細胞の塊です。全身のリンパ管に300~600個配置されています。このうちの200個程度は、腸付近にあります。
一般的にそら豆(楕円形)のような形をしていて、個人差はありますが、小さいリンパ節では1mm程度、大きいものであれば3cm程度あります。
小さいリンパ節は、大きなリンパ節から分裂して出来ますので、リンパ節の数が多い場所では1個の大きさは小さくなります。
リンパ節の内部は、リンパ球が集まって増殖する場所でもあり、小部屋に分割されています。
細菌、ウイルス、がん細胞などがないかをチェックし、免疫機能を発動する「関所」のような役割を持ちます。
リンパ液は、リンパ集合管の合流を繰り返し、静脈に注ぐまでの間に数千にも及ぶリンパ節を通過していきます。

リンパ組織
リンパ器官とも呼ぶこともあります。
リンパ組織は大きく分けて、一次リンパ組織と二次リンパ組織に分けられます。
一次リンパ組織は、骨髄、胸腺が該当しリンパ球を生み出し、その機能を成熟・追加させる組織です。
二次リンパ組織は、リンパ節、脾臓、扁桃腺、腸管のパイエル板など免疫反応の場となるところを指します。

リンパ管の種類と構造
静脈と同じく浅・深の2種類があります。
①表在リンパ管
筋膜上(筋肉より浅い層)、真皮~皮下脂肪組織等を流れています。毛細リンパ管は、皮膚直下の2~3mm下(真皮層)にあります。次に、皮下脂肪組織を通り前集合リンパ管に集まります。皮下静脈と同じ方向に走っています。
毛細リンパ管:
 リンパ管のスタート地点であり、毛細血管と似たような働きで、静脈で回収できなかったタンパク質などの老廃物を回収します。毛細リンパ管は最も太い所で0.07mm位です。毛細リンパ管は、間質液を吸い上げる能動的な機能を持ち合わせています。毛細リンパ管の細胞の壁には、リンパ管内皮細胞についているコラーゲン繊維で「係留フィラメント」という非常に細い繊維があります。細胞間が間質液で満たされて圧が高くなると、係留フィラメントが引っ張られ、毛細リンパ管の壁の細胞に隙間ができます。そこから毛細血管に通過できない老廃物などの間質液が、毛細リンパ管に流れ込んでいきます。
前集合リンパ管:
 リンパ管には心臓のような大きな圧力が無いため、静脈にある静脈弁と同じような機能をした大量の逆流防止弁が前集合リンパ管の各所にあります。0.15mm位の太さになります。

②深部リンパ管
筋膜下(筋肉より深い層)にあります。多くは血管に伴走し、分枝・結合・網状をなし血管をとりまいています。
集合リンパ管:
 前集合リンパ管はさらに集合して0.6mm位の太さの集合リンパ管となります。静脈と同じような構造で外膜、中膜、内膜の3層構造をしています。集合リンパ管はしだいに集合して太くなり、リンパ本幹である胸管、右リンパ本幹へと繋がっていきます。最終的には、それぞれ、胸管から左静脈角へ、右リンパ本幹から右静脈角へと合流します。
・下半身と左上半身のリンパ液は胸管に集められ、鎖骨下にある左静脈角に注ぎます。
・右上半身のリンパ液は右リンパ本幹に集められ、鎖骨下にある右静脈角に注ぎます。

リンパの紹介で少し長くなりましたので、続き(リンパ浮腫、リンパマッサージ)は次回に致します。

最後に、リンパの役割について簡単に纏めてみます。
役割は大きく2つあります。
1つ目は、静脈で回収できなかった体内の老廃物の回収と運搬を行う“排泄機能”です。
2つ目は、リンパ液に入り込んだ細菌やウイルス、がん細胞などの異物をせき止めて排除し、外敵から体を守る“免疫機能”です。

リンパ管の中継地点であるリンパ節とリンパ球の役割が大切です。

体内に侵入した細菌や異物はリンパ節でせき止められ、リンパ球である免疫細胞が異物を攻撃、破壊し、食べつくしてくれるため、リンパ液はきれいな液体となって流れていき、静脈で回収され、心臓に戻ります。

画像:(がん研有明クリニック、小学館日本大百科全書、慶応義塾大学病院のHPより)

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

====================================================
訪問医療マッサージKEiROW豊島区西ステーション

歩くのが不自由、寝たきりなどご自分での受診が難しい方もご相談下さい。
対象:豊島区、豊島区周辺。豊島区周辺以外にお住いの方もご相談下さい。
内容:医療マッサージ、リハビリマッサージ
保険:健康保険適用範囲内です。出来ない場合は自由診療となります。

訪問医療マッサージKEiROW豊島区西ステーション
住所:東京都豊島区要町3-58-12 1F-1
電話:0800-600-8600 FAX: 03-4296-8527
====================================================

医療保険適用 訪問医療マッサージ KEiROW 豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日 【電話番号】0800-600-8600

【対応エリア】東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区

Copyright KEiROW 豊島区西ステーション. All rights reserved.