東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)豊島区西ステーション

豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日【電話番号】0800-600-8600

豊島区西ステーション

新年明けましておめでとうございます(高木)
2022年01月08日

こんにちは。KEiROW豊島区西ステーションの高木です。
新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
2022年こそは新型コロナウイルスの終息が訪れることを願うばかりです。

さて、皆様の中には年末の忘年会やお正月休みの間にお酒をたくさん飲まれたという方もおられるのではないでしょうか。
今日はアルコールの体内への吸収についてのお話をしたいと思います。

お酒は空腹のときに飲むと酔いが回りやすいと言われています。反対に、ある程度食事をしてからお酒を飲んだ時には、すぐには酔いは回ってきません。これは胃の中に食べ物があるとアルコールが胃の粘膜に触れることが抑えられ、吸収が遅れることが理由だと言われます。しかし、胃の粘膜にはお酒に含まれるエチルアルコールを輸送するための装置はないといいます。なぜかというと、エチルアルコールは水にも脂にも溶ける性質を持っているので、どこでも自由に細胞膜を通過して細胞内に入り込むことが出来るからです。普通はお酒を飲むと最初に留まる場所が胃なので、胃から吸収されるだけということです。
お酒に弱い人はお酒の匂いを嗅いだだけで顔が赤くなり酔ってしまうこともありますが、これは揮発したエチルアルコールが鼻の粘膜を通過して血液に入り込むからです。アルコールの強い人、弱い人を調べるパッチテストはエチルアルコールのこの性質を利用して、皮膚にエチルアルコールを塗って検査をしています。
このようにアルコールは胃や大腸、口腔内など体のどの部分でも吸収されます。
アルコールは胃にあるうちはゆっくりと吸収され、小腸に入ると速やかに吸収されます。胃で約20%、残りの大部分は小腸で吸収されます。
食事の有無やアルコール飲料の種類と飲み方によって、胃からの排出時間が異なることから酔いやすさが変わります。
その後アルコールの代謝のほとんどは肝臓で行われます。お酒の強さは体格や肝臓の大きさ、その人の持つ酵素の型や飲酒習慣が深く関わっています。

お酒は飲んでも飲まれるなという言葉がありますが、自分に合った量を知り、お酒とうまく付き合っていくことが大切ですね。

今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。
今年も一年よろしくお願いします。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
訪問医療マッサージKEiROW豊島区西ステーション

歩くのが不自由、寝たきりなどご自分での受診が難しい方もご相談下さい。
対象:豊島区、豊島区周辺。豊島区周辺以外にお住いの方もご相談下さい。
内容:医療マッサージ、リハビリマッサージ
保険:健康保険適用範囲内です。出来ない場合は自由診療となります。

訪問医療マッサージKEiROW豊島区西ステーション
住所:東京都豊島区要町3-58-12 1F-1
電話:0800-600-8600 FAX: 03-4296-8527
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

医療保険適用 訪問医療マッサージ KEiROW 豊島区西ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 祝日 【電話番号】0800-600-8600

【対応エリア】東京都豊島区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区

Copyright KEiROW 豊島区西ステーション. All rights reserved.